ふるさと見つけた
「まろやかで一味違う」塩好評、商品化へ 赤穂
 
ふるさと見つけた
兵庫の祭り屋台はトランスフォーマー? 結合変身激レア展開
 
ふるさとイイミミ
郷土の祭りや風習、食事などの情報をお寄せください。
        
好評
連載中
摂津、播磨、但馬、丹波、淡路の五国からなり、多彩な風土を誇る兵庫。郷土に息づく祭りや風習などの伝統行事、ふるさとを彩る食や食材…。五国の「物語」を記者が探します。
水がつくる風景や風習、食を巡る。
    
2018.09.02
塩作り
 日本では古来海水から塩を作っていた。塩作りの先進地であり現在も盛んな播州赤穂。塩の専売制が廃止されてから参入した淡路島の事業者。先人たちの技を引き継ぎ、現在に伝える現場を訪ねた。
2018.08.26
川すそ祭り
 兵庫県は広い。瀬戸内側ではなじみがないが、丹波から但馬、北西播では夏の風物詩となっている「川裾」(かわすそ)祭り。地域によって名前が「川下」「川禊」「川濯」...。何が違い、何が一緒なのか。
2018.08.19
 兵庫県を代表する特産品「揖保乃糸」。暑い夏、行楽地でも家庭でも人気が高まるそうめんの秘密に迫ってみると、播磨はもちろん淡路にも産地のこだわりがしっかりと残っていた。猛暑を乗り切るためにも流しそうめん、食べてみませんか。
2018.08.12
線香とマッチ
 播磨灘に面した淡路島の港町、淡路市江井。線香の生産国内一を誇る淡路島でも、線香の乾燥に欠かせなかった西風が特に強い土地だ。海の向こうでは、国産マッチの9割を製造する工場が姫路などにある。マッチを擦る。線香をともす。先祖を思うお盆が近づいてきた。
ふるさとイイミミ
地元に伝わる少し変わった祭りや風習、知られざる郷土の料理、食材の情報を募ります。
Facebookでコメント受付中
さまざまなエピソードをお待ちしています。
郷土の祭りや風習、食事などの情報をお寄せください。