ふるさと見つけた
年の瀬に豆腐を食べてうそ帳消し 各地の風習に味わい
 
ふるさと見つけた
近年の異常気象、急がれる里山保全 専門家が警鐘
 
ふるさとイイミミ
郷土の祭りや風習、食事などの情報をお寄せください。
        
好評
連載中
摂津、播磨、但馬、丹波、淡路の五国からなり、多彩な風土を誇る兵庫。郷土に息づく祭りや風習などの伝統行事、ふるさとを彩る食や食材…。五国の「物語」を記者が探します。
2018.12.16
コト八日
 兵庫県最北端は豊岡市竹野町。集落で見つけたハリセンボンは魔よけと信じられていたが、今はほとんど見られない。12月8日の「コト八日」にまつわる風習を県内外に追うと、製鉄と風習の伝わる道が重なり合った。
2018.12.09
日本一の里山
 兵庫県の東端に位置する川西市黒川地区。断面がキクの花に似た「菊炭」の産地として知られ、研究者は「日本一の里山」と評価する。豊かな山に点在する「台場クヌギ」は、共生の歴史の生き証人だった。
2018.12.02
島の島
車がほとんど走らない静かな島に、和太鼓の音がひときわ大きく響く。兵庫県の南端、沼島(ぬしま)(南あわじ市)。11月1日、島唯一の沼島小学校で、全校児童11人が「沼島子ども太鼓」の練習に励んでいた。
2018.11.25
播備作
 広い兵庫県で東西南北の端っこを訪ね歩き、国境ならではの交流や違いを知る「新五国風土記 第9部」。西の端では、播磨と備前、美作のつながりを追い、越境の名品が生まれる源流をたどった。
ふるさとイイミミ
地元に伝わる少し変わった祭りや風習、知られざる郷土の料理、食材の情報を募ります。
Facebookでコメント受付中
さまざまなエピソードをお待ちしています。
郷土の祭りや風習、食事などの情報をお寄せください。